Chapter 5 妊娠・出産のこと

妊娠・出産は可能です。主治医にご相談ください。 妊娠・出産は可能です。主治医にご相談ください。

妊娠を希望される方へ

・潰瘍性大腸炎でも、基本的には妊娠・出産は問題ありません。
・ただし、「活動期」に妊娠した場合は、通常の妊娠と比べ、不妊や流産・早産の可能性が少しだけ高まるとの報告があるため、計画的な妊娠が望まれます。主治医にご相談ください。
・潰瘍性大腸炎は、子どもに遺伝するというような「遺伝子疾患」ではありません。
・精子数が減少して妊娠に影響を及ぼすお薬がありますので、男性の方でお子さんを希望される際も、主治医にご相談ください。
・潰瘍性大腸炎でも、基本的には妊娠・出産は問題ありません。
・ただし、「活動期」に妊娠した場合は、通常の妊娠と比べ、不妊や流産・早産の可能性が少しだけ高まるとの報告があるため、計画的な妊娠が望まれます。主治医にご相談ください。
・潰瘍性大腸炎は、子どもに遺伝するというような「遺伝子疾患」ではありません。
・精子数が減少して妊娠に影響を及ぼすお薬がありますので、男性の方でお子さんを希望される際も、主治医にご相談ください。

妊娠中の薬物療法について

・妊娠中は、寛解の状態を維持し、出産まで再燃させないことが望まれます。
・もし妊娠中に再燃したら、妊娠をしていない場合と同様に治療が行われます。
・胎児に影響を及ぼす可能性のあるお薬がありますので、主治医にご相談ください。
・妊娠中の大腸内視鏡検査の実施は、胎児への刺激になる可能性があるため、できる限り控えることが望まれます。
・妊娠中は、寛解の状態を維持し、出産まで再燃させないことが望まれます。
・もし妊娠中に再燃したら、妊娠をしていない場合と同様に治療が行われます。
・胎児に影響を及ぼす可能性のあるお薬がありますので、主治医にご相談ください。
・妊娠中の大腸内視鏡検査の実施は、胎児への刺激になる可能性があるため、できる限り控えることが望まれます。

出産・育児について

・寛解期であれば、通常通りの出産が可能です。
・母乳に移行する可能性のあるお薬がありますので、主治医にご相談ください。
・寛解期であれば、通常通りの出産が可能です。
・母乳に移行する可能性のあるお薬がありますので、主治医にご相談ください。

【監修】
東邦大学医療センター 佐倉病院 炎症性腸疾患センター(IBDセンター) 特任教授
鈴木 康夫 先生

▲ ページの先頭へ戻る