既に「2割負担」や「1割負担」の方はどうなるの?

医療費助成の申請方法について不明点があれば、
医療ソーシャルワーカーにご相談ください!

わが国では、医療費助成の申請は、患者さんによる“自己申告制”となっていますので、自らで申請していただかないと医療費助成を受けることができません。

したがって、医療費助成を受けるためには、「難病医療費助成制度」のことをきちんと理解した上で、申請に必要な書類をご自身で準備していただく必要があります。

ですが、制度を理解するといっても、難解な専門用語も多く、難しく感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。その上、制度も書類も自治体ごとに異なる場合がありますので、申請する前に悩まれたり、面倒に感じたり、挫折してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

わからないことや困ったことがありましたら、いつでも医療ソーシャルワーカーにご相談ください。

【監修】
独立行政法人地域医療機能推進機構 東京山手メディカルセンター
消化器内科 副院長/炎症性腸疾患センター長 髙添 正和 先生
医療総合支援部 医療ソーシャルワーカー 柳田 千尋 先生

▲ ページの先頭へ戻る