Chapter 4 潰瘍性大腸炎の合併症のこと

問診、便検査、大腸内視鏡検査などを行い他の病気と区別しながら、総合的に診断します。 問診、便検査、大腸内視鏡検査などを行い他の病気と区別しながら、総合的に診断します。

腸管合併症 …いずれも手術を必要とする重篤なものです。

・腸管の大量出血
・腸管の狭窄(腸管が狭くなる)、穿孔(腸管に穴があく)
・中毒性巨大結腸症…大腸の動きが止まってガスなどが溜まり、腸がふくらんで巨大化して中毒様症状が現れる。
・腸管の大量出血
・腸管の狭窄(腸管が狭くなる)、穿孔(腸管に穴があく)
・中毒性巨大結腸症…大腸の動きが止まってガスなどが溜まり、腸がふくらんで巨大化して中毒様症状が現れる。

腸管外合併症 …症状が全身に現れます。

Column
潰瘍性大腸炎と「大腸がん」について

潰瘍性大腸炎では、発病して長期間経過すると大腸がんのリスクが高く
なり、特に10年以上経過した「全大腸炎型」で大腸がんが多いと言われ
ています。
そのため、定期的な大腸内視鏡検査による 早期発見が重要となります。

潰瘍性大腸炎では、発病して長期間経過すると大腸がんのリスクが高くなり、特に10年以上経過した「全大腸炎型」で大腸がんが多いと言われています。
そのため、定期的な大腸内視鏡検査による早期発見が重要となります。

潰瘍性大腸炎患者さんにおける大腸がんの累積発生率  海外データ

Eaden, JA. et al.:Gut. 48(4), 526 (2001)

【監修】
東邦大学医療センター 佐倉病院 炎症性腸疾患センター(IBDセンター) 特任教授
鈴木 康夫 先生

▲ ページの先頭へ戻る