Chapter 3 治療のこと

原則的には、炎症を抑える「薬物療法」が中心。多くの場合は、お薬で寛解期に至ることができます。 原則的には、炎症を抑える「薬物療法」が中心。多くの場合は、お薬で寛解期に至ることができます。

薬物療法

潰瘍性大腸炎を完治できるお薬はありませんが、大腸粘膜の炎症は抑えることができます。
潰瘍性大腸炎の薬物療法は、「活動期」と「寛解期」に合わせて 2つに分けられます。

※再燃:寛解期から再び活動期になってしまうこと。

〈アミノサリチル酸製剤〉

アミノサリチル酸製剤は、軽症~中等症の潰瘍性大腸炎治療の中心となる基本的治療薬であり、「寛解導入療法」にも「寛解維持療法」にも用いられます。
アミノサリチル酸製剤には、「飲み薬」や「坐薬」など使い方が様々あるため、 患者さんの症状や希望に合わせて、医師と相談して選ばれます。

〈ステロイド〉

炎症を強力に抑えますが、長期間使用すると副作用が現れやすくなるため、必要な期間に必要な量だけ使用します。寛解を維持する効果はなく、活動期に使用します。

〈免疫調節薬、抗体製剤〉

ステロイドを投与しても効果が低い場合や、再燃を繰り返してしまう場合に使用されることがあります。
いずれも、過剰になっている免疫反応を抑えるお薬です。

薬物療法以外では、「血球成分除去療法」や、
大腸をすべて摘出する「手術療法」があります。 薬物療法以外では、「血球成分除去療法」や、
大腸をすべて摘出する「手術療法」があります。

血球成分除去療法

主に、薬物療法で効果不十分な場合に検討されます。
血液をいったん体内から取り出して、炎症を起こしている「異常に活性化した白血球」を外部装置で取り除き、再び体内に戻す治療法です。

手術療法

下記のいずれかに該当する場合に、大腸をすべて摘出する手術を検討することがあります。

●手術療法の主な適応例

①内科治療が無効(特に重症例)

②副作用などで内科治療が行えない

③大量の出血

④穿孔(大腸に穴があく)

⑤大腸がんまたはその疑い

自覚症状と大腸粘膜の炎症レベルの変化 —粘膜治癒に至るまで—

鈴木康夫.:IBD Res. 8(3), 207(2014)より作成



潰瘍性大腸炎患者さんが2年間で「寛解を維持した割合」海外データ

Kane, S. et al.:Am J Med. 114(1), 39(2003)より作図



【監修】
東邦大学医療センター 佐倉病院 炎症性腸疾患センター(IBDセンター) 特任教授
鈴木 康夫 先生

▲ ページの先頭へ戻る