お薬の使用方法

ベセルナクリーム5%を正しく使いましょう。

>副作用について

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

ベセルナクリーム5%
商品名 ベセルナクリーム5%

【主成分】
イミキモド(imiquimod)
【剤形】
白色〜微黄色・クリーム剤
【シート記載】
分包の記載:ベセルナクリーム5% 250mg MO 651

この薬の作用と効果について

尖圭コンジローマの原因となっているウイルスの増殖を抑制し、また、免疫能を高めウイルスに感染した細胞を障害する作用をもっています。
通常、尖圭コンジローマ(外性器又は肛門周囲に限る)の治療に使用されます。

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。
  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。薬を使う部位が尿道、腟内、子宮頸部、直腸、肛門内のイボである。また、外性器・肛門周囲以外のイボである。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬を使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、大衆薬も含めて他に使用中の医薬品に注意してください)。

使用の流れ

ベセルナクリームは、適量を1日1回、週3回(1日おき、例えば「月・水・金」あるいは「火・木・土」)、就寝前にぬってください。ぬった後はそのままの状態を保ち、起床後にぬったお薬を石けんと水やお湯で洗い流してください(お薬の使用は原則16週間までです)。

STEP.1

このお薬は就寝前に使用します。 ベセルナクリームの包みを開けて、指先にお薬を適量しぼり出してください。


STEP.2

ベセルナクリームをイボの部分(患部)にのみ、うすくぬってください。(腟口及び尿道口付近にぬった場合には、はれや痛みにより排尿困難となることがあります。また、見えにくい場所にイボがあるときは、手鏡などで確認しながら、患部にのみぬるようにしてください。)


STEP.3

ベセルナクリームが見えなくなるまで、やさしく患部にすり込んでください。患部は絆創膏やテープなどでおおわないようにしてください。


STEP.4

お薬をぬった後、必ず手指を石けんでよく洗ってください。


STEP.5

ベセルナクリームをぬったまま6〜10時間保ち、この間は患部を洗わないでください。


STEP.6

6〜10時間後を目安に、ベセルナクリームを石けんと水やお湯で洗い流してください。 男性の方で、包皮内のイボを治療している間は、毎日包皮を反転させた上で患部を洗い清潔に保ってください。


  • もしぬり忘れてしまった場合には、次の日の就寝前に使用してください。その後2日間連続で使用しないようご注意ください。
  • 誤って多く使用した場合は医師または薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で使うのを止めないでください。

生活上の注意

  • 塗った部位およびその周辺に症状が強い皮膚の赤み、ただれ、潰瘍、表皮のはがれなどがあらわれやすくなるので、指示された使用方法・使用量を守ってください。
  • 治癒の過程で塗った部位およびその周辺の皮膚の赤み、ただれ、表皮のはがれ、腫れなどがあらわれることがあります。このような症状が強い場合には、石鹸を用いて、水または温水でこの薬を洗い流し、ただちに医師または薬剤師に連絡してください。
  • さむけ、発熱、筋肉痛などのインフルエンザのような症状があらわれることがあるので、これらの症状があらわれた場合には、ただちに医師または薬剤師に連絡してください。
  • この薬を使用した後で、皮膚の色が変色したり脱色しもとに戻らないことがあります。
  • 女性では、この薬を腟口付近および尿道口付近に塗った場合、尿道口付近およびその周辺に痛みや腫れがあらわれ、尿が出にくくなることがあるので、腟口付近および尿道口付近に塗る際は、注意してイボの部分にのみ塗ってください。
  • 仮性包茎等の男性では、包皮内のイボを治療する場合は、皮膚の赤み、ただれ、表皮のはがれ、腫れなどがあらわれやすくなるので、毎日、包皮を反転させた上でイボの部分を洗い、包皮内を清潔に保ってください。
  • この薬に含まれる油脂成分は、コンドーム等の避妊用ラテックスゴム製品の品質を劣化させ、破損する可能性があるため、避妊用ラテックスゴム製品に薬が付かないように使用してください。
  • セックスパートナーにこの薬がつくと、皮膚障害などがあらわれることがあるので、この薬を塗った状態での性行為は避けてください。
  • この薬を塗った部位が日光にさらされると、光線過敏性反応(日光の当たる部分の発疹や水ぶくれ、過度の日焼け、皮膚の色素沈着、かゆみなど)があらわれることがあるので、使用後に、手指に残った薬または誤ってイボの部分以外(顔など)についた薬は石鹸を用いて、水または温水で洗い流してください。

保管方法その他

  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、凍結を避けて25℃以下で保管してください。
  • 薬が残った場合は、保管しないで廃棄してください。