副作用について

ベセルナクリーム5%の副作用について理解しましょう

>お薬の使用方法

お薬を患部に塗ると、お薬の成分が作用するため、患部やその周辺に以下のような症状があらわれる場合があります。

皮膚の症状や痛みなどが出る場合があります

ベセルナクリーム5%の主な副作用については、以下のものが認められています。

  • 紅斑(こうはん:患部やその周辺の皮膚の赤み)
  • 糜爛(びらん:患部やその周辺の皮膚のただれ)
  • 表皮剥離(ひょうひはくり:患部やその周辺の表皮のはがれ)
  • 浮腫(ふしゅ:患部やその周辺の腫れ)
  • 疼痛(とうつう:患部やその周辺の痛み)

また、女性の患者さんが腟口及び尿道付近に薬を塗った場合、尿道口及びその周辺の疼痛、浮腫などにより尿が出にくくなる(排尿障害)場合があります。 そのほか、薬を塗ることで患部やその周辺にあとが残る(色素が沈着したり、逆に色素がぬける)ことがあります。


インフルエンザのような症状があらわれる場合もあります

気分が悪くなったり、熱が出たり、筋肉が痛くなるなど、インフルエンザに似た症状があらわれることがあります。

副作用かなと思ったら

副作用と思われる症状があらわれた場合、お薬を石鹸と水やお湯で直ちに洗い流し、医師等に相談してください。