尖圭コンジローマの治療 尖圭コンジローマだと思ったら(女性)

治療のポイントは「一日も早く」「おさまるまで根気よく」

 

もしかして?と思ったら、まずはお医者さんへ

尖圭コンジローマにかかったことが分かって、「どうして自分が?」「誰にうつされたの?」と思い悩んだりしていませんか? 尖圭コンジローマの原因であるHPV(ヒトパピローマウイルス)は、主にセックスを通して誰にでも感染する可能性があるウイルスです。くよくよ悩むよりまず、早めにお医者さんに相談してください。
女性は性器の外側部分だけでなく、腟や子宮腟部(腟の奥にある子宮の入口まわり)にできるイボもあわせて診断できる婦人科で診てもらうのが一般的です。
婦人科で行われる診察の流れは、こちらのページで詳しく説明していますので、行く前にぜひチェックしてみてください。

> 婦人科へ行こう(女性)

もしあなたが妊娠しているなら

尖圭コンジローマは出産のとき、赤ちゃんにもウイルスが感染してしまう恐れがあります。もしあなたが妊娠しているなら、現在かかっている産婦人科の先生にまず相談してみましょう。

パートナーに適した診療科は?

男性であれば泌尿器科・皮膚科で診てもらうのが一般的です。尖圭コンジローマはウイルスに感染していても必ず発病するわけではありません。また誰から感染したのかも分からない場合もあります。しかしパートナーも尖圭コンジローマに感染している可能性がありますから、あなたが尖圭コンジローマと診断された場合は、パートナーにも受診してもらうことが大切です。

<前へ 放置した場合のリスク(女性) さまざまな治療法 次へ>