こんな症状に注意

子宮内膜症の代表的な症状は、月経が繰り返されるたびにだんだんひどくなる月経痛です。鎮痛剤を使う回数が増えてきた、鎮痛剤が効かない、毎月のように寝込むという人は、我慢しないで早めに婦人科を受診しましょう。

月経痛は程度の差こそあれ、ほとんどの女性が経験するものです。子宮内膜症がある女性の月経痛は、日常生活に支障をきたすほど重症なものもあります。「ベッドからトイレまで這っていく」「痛くて、体をまっすぐにしていられない」など、月経が軽い人には考えられないようなつらさがあります。吐き気やめまいを伴うこともあります。

月経のとき以外でも、下腹部のあたりが痛む、違和感があるなどの場合は要注意です。腰痛や股関節痛が起こる場合もあります。

セックスで腟の奥のほうが痛むのも、子宮内膜症の症状の一つです。子宮と直腸のあいだのくぼみ(ダグラス窩)に病変があると、性交痛の原因になります。

排便のときに肛門の奥に痛みを感じる場合もあります。これは、直腸に病変があったり、子宮と直腸が癒着(ゆちゃく)しているときなどに起こる症状です。痛みのためにトイレに行くのが億劫になって、便秘になってしまうこともあります。

子宮内膜が子宮筋層内にもぐりこんで増殖する子宮腺筋症という病気は、子宮内膜症に合併しやすい疾患です。この場合には、子宮全体が大きくなり、子宮内膜の面積が広くなるので、出血量も多くなります。レバーのようなかたまりが出たり、ナイト用のナプキンを使っても1時間もたないという人は、子宮腺筋症の可能性があります。また、この病気の症状は、子宮筋に良性腫瘍ができて大きくなる子宮筋腫と類似しています。両方の病気とも子宮筋が肥大するので、超音波検査では判断が難しく、MRIなどで鑑別します。

子宮内膜症は必ず自覚症状があるとは限りません。子宮内膜症の人が必ず不妊になるわけではありませんが、不妊症の検査を受けたら、たまたま子宮内膜症がみつかったというケースも数多くあります。

帝王切開のときに、たまたま見つかるケースも少なからずあり、まったく無症状で本人が気づかないこともよくあるのです。子宮内膜症は良性の病気で、命にかかわることはありませんから、症状がなければとくに治療をする必要はありません。ただし、卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)は癌化したり、大きくなると破裂して激痛を起こす可能性があるので、症状がなくなっても、欠かさず定期的に通院してチェックを受けることが大切です。

  • 病気について
  • 月経のしくみ
  • 月経の悩み
  • 子宮内膜症ってどんな病気?
  • 子宮内膜症になるのはなぜ?
  • こんな症状に注意
  • その他の子宮の病気