子宮内膜症ってどんな病気?

子宮内膜症は、本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、子宮以外の場所(卵巣、腹膜など)で増殖、剥離(はくり)を繰り返す病気です。子宮の内側からはがれ落ちた子宮内膜は、月経血として腟から体の外に流れ出ていきますが、子宮以外の場所で増殖した子宮内膜は腹腔内にとどまり、炎症や痛み、癒着(ゆちゃく)の原因になります。

子宮内膜症の発生しやすい場所の図

子宮内膜症ができやすい場所は、腹膜、卵巣、子宮と直腸の間のくぼみ(ダグラス窩)です。卵巣にできたものを卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)とよびます。ごくまれに、肺など遠く離れた臓器にできる場合もありますが、骨盤内にできるケースがほとんどです。

現在、国際的に用いられている腹腔鏡検査に基づくr−ASRM分類によると、進行期は病巣の大きさや癒着の程度などによって4つの段階に分かれています。たとえば腹膜病変だけのステージTでは、自覚症状がなく、自分で子宮内膜症と気づかないことも少なくありません。しかし、進行期と自覚症状にあまり相関関係がないのも、子宮内膜症の特徴の一つです。それほど重症ではないのに痛みがひどい場合もあれば、かなり進行していてもほとんど痛みを感じないこともあり、症状には大きな個人差があります。

卵巣チョコレート嚢胞の図

卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)では、稀に悪性化が見られたという報告もあります。卵巣がんそのものの発生率は0.7%ぐらいですが、卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)があることがわかったら、必ず定期的に検査を受けましょう。

子宮内膜症は良性の病気ですから、それ自体で命にかかわることはありません。症状のコントロールをしながら、閉経までの間、気長につきあっていく病気なのです。

  • 病気について
  • 月経のしくみ
  • 月経の悩み
  • 子宮内膜症ってどんな病気?
  • 子宮内膜症になるのはなぜ?
  • こんな症状に注意
  • その他の子宮の病気