女性の悩みをちゃんとケア:ワタシのカラダ相談室

文字サイズ

監修:愛知医科大学病院 産科・婦人科 主任教授 若槻 明彦先生生

TOP
女性の病気:子宮筋腫について

子宮筋腫について

子宮の平滑筋という筋肉に、子宮の細胞とは異なる性質をもつ良性のコブのような塊ができる病気を子宮筋腫といいます。

この塊を筋腫といい、できる大きさ、数はさまざまです。できる場所は大きく分けて3ヶ所くらいあります。
月経が始まる前の若い女性にはみられず、30~40代の女性に多くみられます。筋腫は閉経すると小さくなるので、女性ホルモンが関与しているといわれています。

子宮筋腫の種類

子宮筋腫の症状とは

主な症状は貧血、腰痛、月経痛、下腹痛、月経異常です。筋腫が大きくなって膀胱や尿管、直腸などを圧迫するので、便秘、頻尿の原因になることもあります。自覚症状が全くないまま、筋腫が大きくなっている場合もあり、人によって症状はさまざまです。

子宮筋腫の治療について

多くの場合、経過観察ですが、治療には薬物療法と手術療法があります。手術の方法は2通りあって、子宮全部を取り出す摘出手術や、筋腫だけをとり除く筋腫核出術があります。出産を希望する場合は筋腫核出術が適しています。

薬物療法には偽閉経療法(GnRHアゴニスト療法)、対症療法として鎮痛剤、鉄剤などのお薬を服用することがあります。治療法を考えるときは、症状や進行具合はもちろん、年齢や妊娠を希望するかなどを総合的に判断し、最適な治療法が選択されます。

治療法