女性の悩みをちゃんとケア:ワタシのカラダ相談室

文字サイズ

監修:愛知医科大学病院 産科・婦人科 主任教授 若槻 明彦先生生

TOP
女性の病気:子宮内膜症について

子宮内膜症について

子宮内膜に似た組織が子宮以外の場所(卵巣、腹膜など)にできてしまう病気を子宮内膜症といいます。

子宮内膜症の組織はエストロゲンの影響を受け、多くの場合、月経にともなう痛み(月経痛)があらわれます。月経痛がひどくなると、生活の質が下がり、仕事などに影響します。また病気を放置すると不妊のリスクも高まります。月経痛などの自覚症状が全くない場合もあります。慢性の進行性の病気です。

  • 子宮内膜症の発生しやすい場所
  • 卵巣チョコレートのう胞
  • ※1:子宮と直腸の間のくぼみ
  • ※2:卵巣にできたものを卵巣チョコレートのう胞と呼びます

子宮内膜症の症状とは

代表的な症状は全体の約90%の女性にあらわれる月経痛です。月経痛以外にも腰痛や下腹部痛、性交痛、排便痛などがみられます。

確かめて!症状セルフチェック

自分にあてはまる項目があるか、チェックしてみましょう。

  • 月経痛が年々ひどくなってきた
  • 月経のときに飲む鎮痛薬の量がだんだん増えてきた
  • 月経時、鎮痛薬を飲んでも痛みがおさまらない
  • 月経時、吐き気やめまいがする
  • 月経以外のとき、下腹部に鈍痛がある
  • セックスのとき奥のほうが痛い
  • 排便時、肛門の奥が痛い
  • 結婚して2年経つが、妊娠しない

子宮内膜症の治療について

薬物療法、病巣を取り除くための手術療法、あるいはその両方(併用療法)があります。治療法を考えるときは、症状や進行具合はもちろん、年齢や妊娠を希望するかなどを総合的に判断し、最適な治療法が選択されます。

治療法
*1:経口避妊薬には「子宮内膜症」の適応症はなく、保険も適用されていません。
*2:低用量EP(エストロゲン/プロゲスチン)配合薬の適応症は「月経困難症」です。
*3:妊娠を望まない場合でも保存手術を行うことがあります。