持田製薬株式会社

監修:信州大学名誉教授 斎田 俊明 先生

日光角化症の現状

  • 日本での日光角化症罹患率は、1年間に人口10万人あたり100~120人と推定されています1)。この数字から算出すると、日本では毎年10万人以上の日光角化症患者が発生していることになります。
  • 日光角化症の発生数は年々増加傾向にあります(2001年の発生数は1987年の1.9倍と、ほぼ倍増しています2))。高齢者に多い病気のため、高齢化社会の進行にともない、今後さらに増加することが予測されます。
  • 年間の紫外線量で比べると那覇(沖縄)と札幌(北海道)では2倍程度の違いがあるため、「西高東低」の傾向です。

あなたの地域の紫外線の強さは?(8月) 1997-2008年の8月正午のUVインデックス分布図 UVインデックス:紫外線が人体に及ぼす影響の度合いをわかりやすく示すために、紫外線の強さを指標化したもの(UVインデックスの計算式については気象庁ホームページを参照)

気象庁ホームページより改変

日光角化症の地域別有病率

報告者 調査時期 地域 有病率
(10万人あたり)
市橋正光3) 1992~1999年 兵庫県加西市 166.7人
1993~1999年 沖縄県伊江島 803.5人
安西三郎 他4) 2001年 大分県姫島(漁村) 1238人
文献

1)市橋正光:皮膚臨床 43, 1305-1312(2001)

2)石原和之:Skin Cancer 20(3), 234-248(2005)

3)市橋正光:日本医事新報 No.3982, 1-9(2000)

4)安西三郎 他:日皮会誌 113, 1553-1560(2003)