便秘の治療

便秘の症状や原因はさまざまです。治療法もその症状により異なります。
便秘の治療では、食事などの生活習慣の改善、お薬の服用、
腸内環境の改善を期待するプロバイオティクス療法、
さらに便秘の状態によっては手術療法が行われることもあります。
きちんと病院を受診しながら症状に合った治療を続けていきましょう。

point正しい生活習慣を心がけましょう

便秘を改善するための第一歩は、食習慣生活習慣を見直すことです。
これは便秘の治療だけでなく、再発の予防にもつながります。
過度に排便の量やトイレの回数にこだわり、ストレスを感じるのはよくありません。
お通じは人それぞれです。まずは、ちょうど良い硬さの排便をめざしましょう。

食習慣を見直しましょう

  • しっかり3食とる(特に朝食は大切)
  • 適度な水分をとる
  • 食物繊維が多く
    脂肪分が少ない
    食事を
  • 腸内細菌バランスを改善する
  • 電解質ビタミンをとる

生活習慣を見直しましょう

  • 生活リズムは規則正しく
  • 睡眠時間は十分に
  • 便意が起きたら我慢せず
    すぐトイレへ
  • 適度な運動をし、その後は休息を
  • 自分の時間をつくり、
    リフレッシュ
    する

point便秘薬を正しく服用しましょう

便秘薬にはさまざまな種類があります。
ご自身の判断で市販薬を常用し、症状を悪化させてしまう方も少なくありません。
医師の指示に従い、症状に合ったお薬を処方してもらいましょう

主な便秘薬の種類
主な作用
膨張性下剤
腸内の水分を保ち、便の形状を整え、
便の量を増やします。
浸透圧性下剤
腸内の水分量を増やし、便をやわらかくし、
排便回数を増やします。
刺激性下剤
大腸の神経に作用し、
腸の動きを活発にします。
上皮機能変容薬
腸内の水分分泌を促し、
便をやわらかくします。
漢方薬 or
患者さんの状態や、便秘の症状により、
適した漢方薬が処方されます。
IBAT 阻害剤
腸内の水分分泌と腸の動きを活発にし、
排便を促します。

*IBAT=ileal bile acid transporter, 胆汁酸トランスポーター

腸内の水分を保ち、
便をやわらかくする作用

腸の動きを活発にして、
排便を促す作用