便秘の症状

便秘の症状とは?

「便秘」には大きく分けると2つの状態があります。
十分な量の便が排出されなくなった「排便回数や排便量が減少」した状態と、
トイレでスムーズに便が出なくなった「排便困難」を感じる状態です。
もちろん、この2つが混在することもあります。
また、排便回数が十分にあっても排便困難感や残便感などの便排出障害の症状が
複数ある場合も便秘の状態とされます。
つまり、本来あるべき生理的で順調な排便が失われた状態が「便秘」です。

便秘の主な症状

  • 排便が週に3回未満
  • 硬い便、または兎糞状便
    (ブリストル便形状スケール1、2、下図参照)
  • 便の量が少ない
  • 排便後の残便感
  • おなかが張る
  • 腹痛・下腹部の不快感
  • 強くいきまないと排便できない、または、
    いきんでも排便できない

便秘を病気として認識せず、ご自身の判断で市販薬などによる治療を繰り返す、
かくれ便秘」に悩む人も少なくありません。
まずは「便秘」を知ることが大切です。
正しい生活習慣を心がけ、ここちよい毎日をめざしましょう。

気分爽快!
キレイな便の形をめざそう!

毎日の便の状態をチェックすることが便秘改善の第一歩。
めざすのは表面がなめらかでやわらかい、『バナナ状』の便です。

○ブリストル便形状スケール(便の形と硬さの評価)

ブリストル便形状スケール イメージ

Lewis SJ, et al.:Scand J Gastroenterol
1997;32:920-924
より改変