持田製薬株式会社

医療関係者向けサイト

ディナゲスト

  • ディナゲスト錠1mgの製品情報
  • ディナゲストOD錠1mgの製品情報

オンデマンドセミナー

明日からすぐに役立つ、専門医による解説をセミナー形式でご覧いただけます。

子宮内膜症治療における薬剤選択と患者説明のポイント

子宮内膜症治療における患者説明の流れとディナゲスト処方時の説明について解説しています。子宮内膜症患者さん自身に病態や治療薬について認識してもらうため、甲賀先生が実際に使用している説明方法を具体的に紹介しています。また、ディナゲスト、低用量EP配合薬の特徴と使い分け、ディナゲストの不正出血などの副作用、安全性についての患者説明のポイントも紹介しています。

子宮内膜症治療における薬剤選択と患者説明のポイント

ディナゲスト錠1mgの製品情報
ディナゲストOD錠1mgの製品情報

東京大学 医学部
産婦人科 准教授
甲賀 かをり

子宮内膜症性卵巣チョコレート嚢胞の手術と薬物療法

子宮内膜症性卵巣チョコレート嚢胞の術後の再発リスクおよび術後再発抑制のための薬物療法の意義について解説しています。また、治療薬の使い分けについて、産婦人科診療ガイドライン〜婦人科外来編2014〜に基づき説明しています。ディナゲスト投与の注意点では、投与初期の不正性器出血に関する患者様への事前説明のポイントや、症状のチェックに役立つ「セルフチェックブック(患者日誌)」等について紹介しています。

子宮内膜症性卵巣チョコレート嚢胞の手術と薬物療法

ディナゲスト錠1mgの製品情報
ディナゲストOD錠1mgの製品情報

日本医科大学
産婦人科学 教授
明樂 重夫

子宮内膜症治療におけるディナゲスト療法のポイント

子宮内膜症は薬物療法による長期管理が重要です。ディナゲスト治療継続のポイントとして主な副作用である不正性器出血の事前説明の必要性、不正性器出血をコントロールする処方の工夫(Sequential療法:GnRHaを先行投与する方法)および重篤な不正性器出血に対する留意点について解説しています。

子宮内膜症治療におけるディナゲスト療法のポイント

ディナゲスト錠1mgの製品情報
ディナゲストOD錠1mgの製品情報

京都府立医科大学
産婦人科 教授
北脇 城

※先生の所属等は2015年2月現在のものです。

ページの先頭へ戻る