サステナビリティ

サステナビリティに関する基本方針

持田製薬グループは、「絶えず先見的特色ある製品を開発し、医療の世界に積極的に参加し、もって人類の健康・福祉に貢献する」との企業理念に基づき、医療・健康ニーズに応えることで、グローバルにも存在価値を認められる特色ある生命・健康関連企業グループとして成長することを目指します。
持続的な企業価値の向上の観点から、持田製薬グループ行動憲章に則り、適正な企業統治のもと、「人類の健康・福祉に貢献」という製薬企業としての価値の提供に取り組むとともに、地球環境への影響に配慮しつつ、持続可能な社会の実現への貢献に努めます。

推進体制

既存のCSR推進委員会を改編し設置予定であるサステナビリティ委員会において、上記基本方針に基づくサステナビリティについての取組みの検討を進めてまいります。

統合報告書 ESG(環境、社会、ガバナンス)データ集