ヘッダをスキップ



文字サイズ 文字サイズ「小」 文字サイズ「中」 文字サイズ「大」 文字サイズ「特大」

ニュースリリース

ホスピーラ・ジャパンと持田製薬
日本国内でのジェネリック抗がん剤の販売提携を展開
−両社の協働により、日本のがん治療に新たな価値を提供−

2012年9月28日

報道関係各位

持田製薬株式会社

ホスピーラ・ジャパン株式会社(本社:大阪市中央区、社長:佐伯広幸、以下「ホスピーラ・ジャパン」)と、持田製薬株式会社(本社:東京都新宿区、社長:持田直幸、以下「持田製薬」)は、ホスピーラ・ジャパンが製造販売承認を有するジェネリック注射抗がん剤につきまして、この度、日本国内での販売に関する業務提携を開始しますので、お知らせいたします。

両社間の契約にもとづき、現在日本国内においてホスピーラ・ジャパンが販売している抗悪性腫瘍剤「イリノテカン塩酸塩点滴静注液『ホスピーラ』」、および代謝拮抗性抗悪性腫瘍剤「ゲムシタビン点滴静注用『ホスピーラ』」につきまして、両社は10月1日より共同プロモーションを開始し、10月29日付けで販売会社を持田製薬に変更いたします。また、ホスピーラが世界で提供するジェネリック注射抗がん剤のうち、日本で今後上市する製品につきましても、包括的に販売提携を進めてまいります。

ホスピーラ・ジャパン社長 佐伯広幸は次のように述べています。
「ホスピーラは現在、事業戦略の中核である”Turbo-charge growth”の実現に向け、ジェネリック注射剤の世界的リーダーとして保有する多くの製品を、全世界に広く展開すべく取り組んでいます。ホスピーラの事業戦略上最重要国の1つである日本において、持田製薬との協働体制を通じ、当社のジェネリック抗がん剤に新たな成長機会を拓くことができ大変光栄に思います。抗がん剤領域における豊富な経験を活かし、抗がん剤を安全に取り扱って頂けるよう付加価値の高い製品と情報提供を通じて、患者様ならびに医療関係者の皆様へのさらなる貢献に努めてまいります。」

持田製薬社長 持田直幸は次のように述べています。
「持田製薬は、新薬メーカーとして新薬の継続的な創出を目指すことはもちろん、ジェネリック事業にも取り組んでおります。ジェネリック注射剤について世界的な実績を持つホスピーラとの提携は、ジェネリック事業拡大の一環としてジェネリック抗がん剤市場に参入を計画していた当社の戦略を推進させるものです。当社とホスピーラが協働することにより、高品質で付加価値の高いジェネリック抗がん剤を求める患者様および医療関係者のニーズに応えられるものと考えております。」

ジェネリック注射剤市場において、ホスピーラの世界ナンバーワンの実績に裏付けられた医療のベスト・プラクティスに加え、持田製薬が培ってきたブランド力と販売力を活かした共同プロモーション体制によって、日本の抗がん剤市場に新たな価値を提供してまいります。

なお、本件による持田製薬の当面の連結業績への影響は軽微であります。


以 上

【参考】
10月29日より販売会社を持田製薬に変更する製品
製品名 成分名 薬効分類
イリノテカン塩酸塩点滴静注液 40mg 「ホスピーラ」 イリノテカン塩酸塩水和物 抗悪性腫瘍剤
イリノテカン塩酸塩点滴静注液 100mg 「ホスピーラ」
ゲムシタビン点滴静注用200mg 「ホスピーラ」 ゲムシタビン塩酸塩 代謝拮抗性抗悪性腫瘍剤
ゲムシタビン点滴静注用1g 「ホスピーラ」


ホスピーラについて
ホスピーラは、注射剤とインフュージョンテクノロジーの市場で、世界をリードするヘルスケア企業です。充実した製品ラインを有し、“アドバンス・ウェルネス (Advance Wellness TM)”の見地から、高い付加価値を創造することで、医療費の軽減と、患者・医療関係者の皆様の安全性の向上に貢献しています。米国イリノイ州レイクフォレストに本社を置き、約15,000人の従業員を擁しています。
詳細については、http://www.hospira.com/をご覧ください。


ホスピーラ・ジャパン株式会社について
ホスピーラ・ジャパン株式会社は、ホスピーラの日本法人として、2006年3月より事業活動を行っています。麻酔・集中治療領域、オンコロジー領域における医薬品、医療機器を中核事業とし、専門性の高い病院向けの製品を通じて、医療現場の抱える課題に対するソリューションを提供しています。患者・医療関係者の皆様の信頼できるパートナーとして、高い志を持ち、安全で安心な医療の実現に貢献しています。ホスピーラ・ジャパンは本社を大阪に構え、約100人の従業員を擁しています。
詳細については、http://www.hospira.co.jp/をご覧ください。

持田製薬株式会社について
持田製薬株式会社は、創業以来、独創的な医薬品の研究開発に取り組み、現在は循環器・産婦人科・皮膚科・救急・精神科を重点領域として、高脂血症治療剤「エパデール」、持続性Ca拮抗降圧剤「アテレック」、子宮内膜症治療剤「ディナゲスト」や抗うつ剤「レクサプロ」などを販売しております。また総合健康関連企業グループとして、ヘルスケア、医薬品製造のグループ会社を擁し、医療と健康の分野に幅広く貢献しています。2012年3月期(連結)の売上高は862億円、当期純利益は90億円、従業員数は約1,730名です。
詳細については、http://www.mochida.co.jp/をご覧ください。


〈お問い合わせ先〉
持田製薬株式会社 経営企画部 広報室 (中村、中山)
東京都新宿区四谷1-7
TEL: 03-3225-6303
FAX: 03-3225-6315
E-mail webmaster@mochida.co.jp