トップメッセージ

株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。第80期(2017年4月1日から2018年3月31日まで)の事業の概況をご報告するにあたりご挨拶申し上げます。

医薬品業界においては、薬剤費抑制政策が継続的に推し進められ、後発品普及率80%に向けて後発品の使用がさらに促進されることに加え、薬価制度の抜本改革が始まるなど、ますます厳しい状況となっております。このような事業環境の変化にも対応しながら、持田製薬グループは総合健康関連企業グループとして、研究・開発から製造・販売までのグループ総合力を結集し、医療・健康ニーズに応え、持続的成長を目指した経営を行ってまいりました。

株主の皆様には今後とも一層のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 持田 直幸

2018年6月