尖圭コンジローマの治療 病院へ行こう(男性)

泌尿器科・皮膚科・性病科パーフェクトナビ

 

尖圭コンジローマを疑ったら、すぐにお医者さんに相談……。
とはいえ、STD(性感染症)の治療に行くのは、やはり気おくれしてしまうものです。
このページでは、実際の病院で尖圭コンジローマの診察がどのように行われるのか、その一例をわかりやすくご紹介します。

STEP 1 病院に行く準備をします

<必要なもの> 
・健康保険証 ・お金
<メモしておくとよいもの> 
・これまで飲んでいた薬やサプリメントなど ・今までの病歴やイボの場所、イボに気付いた時期
 
STEP 2 受付で問診票に記入します。

病院では受付で健康保険証を提示し、問診票に記入します。イボに気付いた時期、現在の症状などわかりやすく記入します。
 
STEP 3 先生が問診を行います。

診察室に呼ばれたら、まず先ほどの「問診票」をもとに先生から質問をされます。
 
STEP 4 先生が診察を行います。

イボができている部分を先生が視診します。亀頭や冠状溝、包皮内外板(包皮の内側・外側)、陰のう、必要があれば肛門の周囲や内部など、全体をチェックします。
 
STEP 5 組織検査など、その他の検査を行う場合があります。

尖圭コンジローマは視診で判断がつくケースがほとんどですが、 イボを切除し、組織検査を行う場合があります。切除する場合は、外来で小手術として行われます。
 
STEP 6 診断結果を聞きます。

診断結果、治療方法の説明を先生から受けます。わからないことや不安な点があれば、 遠慮せずに質問しましょう。

> さまざまな治療法

<前へ 放置した場合のリスク(男性) さまざまな治療法 次へ>