ディナゲスト錠1mg投与中の出血、避妊について

ディナゲスト錠1mg投与中の性器出血について

  • 服用中は性器出血が起こりやすくなります。
    1. ディナゲスト錠1mgはエストロゲンの産生を抑制する作用があるため、服用中は通常の月経(月経のしくみ)より薄い子宮内膜が形成されます。
    2. 薄い子宮内膜はディナゲスト錠1mgのプロゲステロン作用のため、分泌期状態に変化します。
    3. 分泌期状態の薄い子宮内膜は、通常の厚さの子宮内膜よりはがれやすいため、ディナゲスト錠1mg服用中は性器出血が起こりやすくなります。

    性器出血のしくみ

  • 性器出血は服用8週以降漸減傾向が認められます。
    1. ジエノゲスト2mg/日を2回に分け52週間投与したときの性器出血が認められた症例は、投与8週に92.6%、24週に75.6%、52週には59.5%と漸減傾向が認められています。

      性器出血の程度(長期投与試験)

    2. 性器出血の日数についても、投与8週に18.7日、24週に11.3日、52週には6.4日まで漸減しました。

      性器出血の日数(長期投与試験)

  • 出血量が多く持続日数が長い場合は再受診してもらって下さい。
    1. 出血量が多かったり、持続日数が長い場合は、再度受診するようにご説明ください。必要に応じて、血液検査を実施し、貧血が認められた場合には鉄剤の投与又は本剤の投与中止等適切な処置を行ってください。
    2. 貧血の発現率は、子宮筋腫又は子宮腺筋症のある患者では、ない患者に比べ高い傾向が認められています。
  • 服用をやめると月経が回復します。
    1. 服用をやめると、多くの場合、1~2週間で出血がとまります。その後約1ヵ月程度で月経が回復します。

ディナゲスト錠1mg投与中の避妊について

  • ディナゲスト錠1mgは妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与禁忌であることから、投与開始にあたっては、妊娠していないことを確認するとともに、必ず月経周期2~5日目より投与を開始してください。
  • 妊娠の可能性を考慮し、投与中は非ホルモン性の避妊をしていただくように、ご説明ください。

ページトップへ戻る

インフォームドコンセントのポイント
  • ディナゲスト錠1mgの患者様への説明のポイント ~治療効果と副作用~
  • ディナゲスト錠1mgの患者様とのコミュニケーションのポイント ~治療効果の確認~
  • ディナゲスト錠1mgの特徴
  • ディナゲスト錠1mgによる治療効果
  • ディナゲスト錠1mgの安全性
  • ディナゲスト錠1mg投与中の出血、避妊について

新しい経口の子宮内膜症治療剤
ディナゲスト錠1mg製品情報

ディナゲストオンデマンドセミナー
専門医による解説動画

痛みに悩む女性のための
「子宮内膜症」サイト
痛み、一人で悩んでいませんか?子宮内膜症

リンク集
関連サイトのご紹介