研究倫理委員会

持田製薬株式会社では人体より採取した血液、組織、細胞、体液、排泄物およびこれらから抽出したDNA等を用いて実施する研究が、人間の尊厳および人権を尊重し、社会の理解と協力を得て、適正に実施されることを目的として「ヒト組織・遺伝子利用研究倫理規程」を制定いたしました。この規程に基づき、研究機関の諮問委員会として「ヒト組織・遺伝子利用研究倫理委員会」(以下、「研究倫理委員会」)が設置されております。委員会の概略につきましては、次のとおりです。

研究倫理委員会の組識等

  • 1. 研究倫理委員会の組織等は次のとおりとする。
    • (1) 研究倫理委員会は、倫理・法律を含む人文・社会科学面の有識者、自然科学面の有識者、一般の立場の者で構成する。
    • (2) 研究倫理委員会は、研究部門の長が指名する社内委員および研究部門の長が委嘱する社外委員、それぞれ若干名をもって構成され、社外委員は原則として委員総数の半数以上とする。
    • (3) 原則として社外委員の半数以上は、人文・社会科学面の有識者および一般の立場の者とする。
    • (4) 研究倫理委員会は、男女両性から構成する。
  • 2. 委員の任期は1年とし、再任を妨げない。
  • 3. 委員に欠員が生じたときは、必要により後任を指名または委嘱する。後任者の任期は、退任した委員の任期の残存期間とする。
  • 4. 研究倫理委員会に、委員長および副委員長各1名を置く。
  • 5. 委員長、副委員長は委員の互選により選出する。

研究倫理委員会の招集等

  • 1. 研究倫理委員会は、毎月1回開催することを原則とし、委員長がこれを招集し、その議長となる。委員長に支障あるときは、副委員長がその任にあたる。
  • 1. 研究倫理委員会は、複数の社外委員を含む委員の半数以上、かつ、人文・社会科学面または一般の立場の委員の1名以上の出席により成立する。

なお、研究倫理委員会の委員をここに公開いたします。

研究倫理委員会委員

(2017年7月1日付)
社外委員 委員長 板倉 弘重(茨城キリスト教大学名誉教授)
:自然科学面の有識者
  釘澤 知雄(弁護士)
:倫理・法律を含む人文・社会科学面の有識者
  鈴木 勝治(公益財団法人 公益法人協会 副理事長)
:一般の立場の者
  山田 順子(大成建設株式会社 産業医)
:自然科学面の有識者
社内委員   河野 洋一(取締役 常務執行役員 持田製薬工場、持田ヘルスケア、テクノネット、テクノファイン担当)
:自然科学面の有識者
  中村 浩(取締役 執行役員 信頼性保証担当 兼務 信頼性保証本部長)
:自然科学面の有識者
  高橋 一郎(取締役 執行役員 企画管理担当 兼務 企画管理本部長)
:倫理・法律を含む人文・社会科学面の有識者
  山下 幸子(信頼性保証本部 信頼性保証室 係長)
:一般の立場の者