ごあいさつ

持田製薬グループは、1913 年に東京・本郷で「独創研究」の考えのもとに創業しました。
医療用医薬品に加え、早くから医療機器やヘルスケア分野にも進出し、先見性と独創性にあふれる製品を世の中に送り出すことにより、日本の医療の発展に重要な役割を担ってまいりました。
企業理念「絶えず先見的特色ある製品を開発し、医療の世界に積極的に参加し、もって人類の健康・福祉に貢献する」は、わたしたちの普遍的な使命です。病気や健康トラブルに悩む人々を救うために、潜在的な医療・健康ニーズを捉えて、患者さんやお客様にとって価値あるものを創造し、提供していくことが、わたしたちの存在意義であると考えています。

高齢化が進み、医療・健康を取り巻く環境が大きく変化するなか、健康に対する関心と医療への期待はますます高まっています。わたしたちは他企業や研究機関とのアライアンスなども積極的に活用して、医療・健康ニーズに応えた製品を継続的に創出することにより、環境変化にも対応しながら着実に成長し続けたいと考えています。長期的にはグローバルにも存在価値を認められるスペシャリティファーマを目指してまいります。

わたしたちの企業活動においては、コンプライアンスに努め、持続可能な社会の実現に貢献するための基本姿勢として「持田製薬グループ行動憲章」を定め、グループの社員一人ひとりが常に高い倫理観をもって行動しています。製薬企業としての誇りを持って医療に真摯に向き合い、高品質な医薬品の安定供給、情報の適切な取り扱い、適正な利益の確保を重視し、ステークホルダーから信頼される会社でありたいと願っています。
わたしたちはこれからも、創業の精神を忘れることなく、総合健康関連企業グループとして医療・健康ニーズに応えることにより、人々の健康・福祉にいっそう貢献するとともに、持続的な企業価値の向上を図ってまいります。

代表取締役社長 持田 直幸