不育症の治療

不育症の治療は、リスク因子に対応する治療を進めます。しかし、不育症のリスク因子が不明な場合が50%以上あるので、専門の医療機関を受診し、医師に相談してください。
どちらの産婦人科機関を受診したら良いかわからない場合は、お近くの不育症相談窓口にご相談ください。

<厚生労働省のホームページ>

全国の不育症相談窓口一覧

治療項目
方法
染色体異常
夫婦で遺伝子異常についての十分なカウンセリングを受け、染色体正常児妊娠の確率や、着床前診断等について、医師とよく相談してください。染色体異常の種類によりメリット、デメリットを検討して今後の治療方針が決まります。勇気をもって妊娠にトライすることで80%以上の方が赤ちゃんを授かっています。
子宮形態異常
子宮の形の異常が、直接健康に影響を及ぼすことはないので、必ずしも治療の必要はありません。手術を行う場合は、他に優先させる治療はないか、手術が必要かなどを医師とよく相談してください。
内分泌異常
甲状腺機能異常、糖尿病などは、正常になるか、病気をコントロールできるようになってから妊娠を計画しましょう。食事療法や薬物療法等により治療します。
血液凝固因子(血栓性素因)異常
血栓(血管内で生じる血のかたまり)の発生を抑えるために、抗血栓療法を行います。

このページの先頭へ

不育症を知ろう